大人の矯正


waiya-1.png

1、まず始めに

 

歯並びを良くするだけでなく、

歯を美しく、そして何より これから数十年の歳月を重ねるほど

ますます健康で笑顔の一生を送るために

大人から高齢に至る前

今できることが「矯正治療」です。

 

矯正後の歯と健康を大切に。

当院では非抜歯矯正を行っております。

 

「この歯を抜いてから矯正を行いましょう」

このように説明を受けた方はいらっしゃいませんか?

当院では、こどもをはじめ全ての方の歯と将来の健康を考え、

必要以上に口の中を狭くするような矯正は行いません。

歯を抜かずに行う非抜歯の矯正を行っております。

永久歯は一度抜いてしまうとその場所に歯は生えてきません。

さらには顎が小さくなってしまう原因にもなり得ます。

20年30年後に後悔しないためにも様々な治療の選択肢をご自分で持っておくことも大切です。

せっかく安くないお金を払って矯正を行うのですから、

将来もずっときれいな歯で健康に笑顔で生活をしたいですよね。

「抜かないで矯正が出来るの?」

「この歯はこんなところ・歯ぐきから生えてるけど抜かなくてもきれいになる?」

特に、他院様にて「永久歯を抜いてから矯正治療をする」と説明を受けた方は

一度当院にご相談くださいませ。

その場限りではなく、治療が終わってからも一人ひとりにあった、

将来の健康を考えた治療の選択肢をお伝えしてまいります。


 

2、こんな方にオススメです

 

・歯並びのことで悩んでいる方

 

・よく頬や舌を咬んでしまう方

 

・コンプレックスを持っている方

 

・他医院で歯並びの治療を行ったが、

 

 顎が痛くなったり、途中で矯正を辞めてしまった方

 

(受け口の人、出っ歯と自分でも悩んでいる方)

 

・顎が比較的しゃくれており、改善できればと考えている。

 

・出っ歯となっており、噛み合わせが悪い

 

(下顎が後ろに下がっていて、下唇にシワが飲み込むとできる)



3、治療概要

 

『矯正』と聞くと、どうしても

「見た目を綺麗にする」だけの効果として見られがちです。

しかし、矯正には、

本来『予防歯科』としての非常に大きな役割があります。

 

本来『矯正』というものは、

歯や口の見た目を美しくしながら、

かつ、歳を重ねた時も病気知らずの歯の環境をつくることができる、

非常に有効な治療法、予防法となるのです。

 

実際、20~30代のうちに矯正を行ったほとんどの方が、

その後、虫歯・歯周病になりにくくなります。


虫歯や歯周病は、

糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞などの生活習慣病における

最も大きな要因の1つです。


つまり、歯や口が健康に大きく貢献できることを意味します。

ですので、矯正を行うことで、

歳を重ねても、歯を健康に美しい状態を保つことができるのです。


福島歯科医院の「大人の矯正」は

そんな、『歯の見た目』と『予防歯科』の療法の観点から

1人1人の歯や口の環境に適応した治療を行うのが特徴です。

 

まずは矯正をする前に、

歯の環境を診させていただき、

必要に応じて「歯周病」の治療を行います。


なぜなら、もし歯周病がある状態で矯正をしてしまうと、

返って歯周病が悪化してしまうため、

軽視されがちですが、実は非常に大切なプロセスなのです。


たとえ、歯の見た目だけよくなったとしても、

実際の歯の環境が悪くなるのは、やはり本未転倒です。

ですので、福島歯科医院では、

もし歯周病がある場合も、治療により、

進行をおさえた状態で、矯正を行うことが可能となります。

 

歯の見た目も美しく、

そして健康で居続ける歯づくりのために

私たちは、1つ1つ丁寧な治療を行って参ります。


矯正の治療も、患者様1人1人によって        789456.jpg

最適な矯正方法、治療方法は異なります。

まずはお気軽に、医院にお越しください。


4、治療の流れ

スタートの前に、検査資料の収集と予診票記入、診断と治療計画を立てます。(模型・レントゲン・お顔の写真など)

その後説明と了解を得て、第一ステップヘ。


「ステップⅠ」  
前歯のでこぼこを綺麗にします。(レベリング)

受け口の子供さんや大人の方も同様です。

reveringu.jpg

「ステップⅡ」

歯と歯の隙間を閉じる治療(スペースクロージング)

456.jpg

「ステップⅢ」  

上下の歯の咬み合せを確立し、歯の中心軸を整直(できる限り咬む平面に対して、

垂直にすること)にします。段階でマルチループワイヤーというワイヤーを入れて、

顎間ゴム(小さな輪ゴム)を上下の歯にかけて治療をすることです。一本一本の歯並び

だけでなく、歯の根の方向と顎の関節と筋肉の状態も絶えず診査、触診、触診しながら、

最も適切な位置で仕上げることが可能です。また、これがあと戻りの少ない最もよい方法

です。

90.jpg

 


 

「ステップⅣ」  

保定治療と言いまして、歯を動かして綺麗になった今の状態を安定させ、後戻りを防止する

治療です。

 

rite-na-1.jpg

 

5、患者さんのケース

♦出っ歯(上顎前突)

上の前歯や歯列全体が前に突き出し     

ている状態をいいます。          

123456.jpg 

 

 

♦受け口①

(下顎前突・反対咬合)

下の前歯が上の前歯より前にでて

いる状態をいいます。

        sesese.jpg      

 

  

♦受け口②(下顎前突・反対咬合)

遺伝的な要素が大きく、早期治療

(またはⅠ期治療)を適切に実施し、

ないと顎の骨を移動させる外科矯正         

手術をする場合があります。その

手術前後に矯正治療をします。

        rururu.png

 

 

♦乱ぐい歯(でこぼこ)

顎が小さかったり、顎に対して歯の

幅が大きい場合が足りないので、凸凹

に生えたり、重なり合って生えてきます。


tututu.jpg

 

 

♦開咬(オープンバイト)

顎を閉じて咬み合わせても、上下の

歯に隙間が出来ている状態をいいます。


 popopo.png

 

 

 

 

6、他にもこのような治療がございます

 

・プチ矯正(部分矯正)


・舌姿勢補正器(TPC) 詳しい説明はこちらをご覧ください。


・白い矯正・審美矯正

  

・インプラント矯正(アンカースクリューという矯正用の専門のネジを使った矯正)

 

・クリアアライナー矯正(マウスピース矯正)

 

患者様によって、最適な矯正、治療は異なってきます。

まずはお気軽に来院、お問合わせください。

 

7、治療費用について


大人の矯正治療の料金の概要 

(注)診断後でないと正式な診療費は決定しません。

 

〜ステップ1〜


動的治療(税別)

①診断料

治療方針を立てるための診査を行ったり、資料を作るための費用です。

模型、パノラマレントゲン、セファロレントゲンを使った分析

50,000円(税別)


②矯正基本治療費料(上下顎)

初めて歯にブラケットを付けワイヤー(金属の線)をはめる作業です。時間も2時間くらいかかります。

500,000円(税別)


③装置の調整、交換料

ワイヤーの調整及び交換等を行います。

エラスティック(ゴム)を付け替えたり調整をします。1ヶ月に1回程度です。

10,000円/月(税別)



【④⑤:オプション】


④審美ブラケット(目立ちにくい装置)使用の場合の追加

50,000円(税別)


⑤審美ワイヤー使用の調整料(ワイヤーの色が白)調整料  

15,000円(税別)


⑥特殊装置使用の場合

・チンキャップ、アクチバトールFKO、バイオネーター

80,000円(税別)

・クワドヘリックス、バイヘリックス(あごの拡大)

80,000円(税別)

・前方けん引装置(フェイスマスク)

80,000円(税別)

・その他の拡大装置

80,000円(税別)

 

 

〜ステップ2


動的治療後の保定治療(税別)

⑦保定装置料

後戻り防止装置(リテーナー)

1.ホーレ―タイプ又は、べッグタイプ

50,000円×2(上下顎(税別)


2.QCMリテーナー(上顎) 

ワイヤーでなく透明プラスチックワイヤー使用

70,000円(税別)


3.ダイナミックポジョショナー

120,000円(税別)


4.ワイヤーFixedリテーナー

40,000円(税別)


⑧調整料

3,000円+税/回(1ヵ月~3ヵ月毎)                                           


(注)次回の処置の治療費が高額である場合は受付が必ずお伝えします。

  次回の処置が調整の場合は金額についてはとくにお伝え致しません。

  尚、不明な点は遠慮なくお尋ねください。