顎関節症と口腔顔面痛

「アゴの関節周辺」と「首から上の痛み」を主に診察します。

●あごが鳴る、
●口が大きく開けられない、
●あごが痛い
●耳鳴りがする、
●耳の前後や側頭部の筋肉が痛む、
●目の奥が痛む、
このような症状がある方は顎関節症又は口腔顔面痛かもしれません。
顎関節症以外にも三叉神経痛やウイルスが原因で発症する帯状疱診などもあります。
顎顔面痛で、目の周りや耳が痛いと感じる場合もあります。

※口腔顔面痛・・・歯痛や顎関節症と誤診しやすい8つの疾患もありますので要注意。本人の性格や年齢、耐性に加え、以下に上げる因子によって引き起こされる場合があります。

461-1.jpg

»◆◇「顔・体バランスケア」◇◆
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=443100

 

顎関節症の原因

p_fuukei12.png口を開けたとき顎からカクカクと音が出たり、口を大きく開けられなかったり……これが顎関節症と呼ばれる症状です。原因としては、悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなどさまざまですが、不揃いな歯並びから起こる場合もあるのです。
噛み合わせが悪いと,食べものをしっかりと噛み砕くことができなくなります。すると睡液の量が減つてしまいます。よく噛むと、唾液もよく出て、食べものと唾液がよく絡んで、食塊ができ易く、飲み込み易くなるわけですね。お茶や水、生乳で食べ物を流し込むような食べ方は、胃への負担が大ぎくなるわけです。


ブラキシズム
「はぎしり」「噛みしめ」「くいしばり」のことをブラキシズムと言います。
全ての人が夜間寝ているときに、個人差はありますが無意識に行うことが多いのです。 仕事中などにふと気がつくとしっかり噛みしめていたり、舌を吸いつけていたりしていることがあると思います。
筋肉を緊張させて顎関節にダメージを与えています。その結果、こめかみや目の奥が痛くなったり、耳鳴りがしたり、顎の下の筋肉が痛くなったりします。

ストレスや生活習慣(仕事上のストレス・人間関係のトラブル・職場の変化・引っ越し・親兄弟や子供とのトラブルetc)
日ごろの姿勢に問題があるとより強く起こります。

偏咀嚼
よく「片噛み」などと言われますが、片側だけでよく噛む癖のある方は片側だけに多くの負担をかけることになり、顎関節症の原因になります。

かみ合わせの不具合
経年による噛み合わせの変化などにより、ブラキシズムを引き起こす原因となっている場合があります。

歯並びの悪い部分があると、アゴの筋肉が本来咬みたい位置ではなくて、歯がぶつからない様に不安定なかみ合わせとなります。そこで偏った位置でギシギシ始まったり、咬み込みが始まるのです。


◆◇正しい顎関節の位置◇◆

p-gaku1.gif


◆◇関節円板が前方に転移すると・・◇◆

p-gaku2.gif

・関節円板が前方にずれて、転移してしまい、関節頭が動きを規制されています。
・急性期には、開口障害でお口があけにくく、痛みが激しいです。
・それでも顎関節症はそれほど恐いものではありませんので、早めに御来院下さい。
・慢性化して、お口が1/2~2/3程しか開けられなくなります。


顎関節症の原因でよく注目されるのは、「噛み合わせ」や「歯並び」で「舌尖の位置」を語る歯科医院は少ないと思います。
又、殆どの人は、それを意識もしていないのが現状です。すなわち 低位舌や舌前突癖とか、異常嚥下癖といわれる癖です。



正しい舌の位置は、下図のように舌先が上の前歯の裏側の歯肉に軽く接触する程度の状態です。厳密に言うと切歯乳頭という場所に舌尖があるのが正常な状態なのです。

その結果

1.口呼吸
   扁桃腺が腫れやすくなります。
2.食事
   食事の時、ペチャペチャ音を立てたり、水気がない
   と食べ物が飲み込みにくい。
3.下顎が安定した位置になく、無意識に上下の歯を
   強く噛みしめたりします。
4.睡眠時、舌が喉を圧迫することがあります。
   イビキや睡眠時無呼吸症の原因になります。

等々、いろんな障害が気が付かないうちに生じます。


gaku.jpg

全身のあらゆる部分にさまざまな不快症状を起こす原因となります。 
歯とその周囲組織への影響

咬合異常は、歯と歯周組織にも悪影響をおよぼします。たとえば歯が異常に磨耗したり、異常に動揺してきたりします。また、歯が異常にしみてきたりすることもあります。これは顎の位置異常により、特定の歯に過重な負担が集中するためです。 
ブラキシズム(歯ぎしり)や咬合性外傷を引き起こし、原因不明の歯痛になります。


義歯などの不調

咬合の悪い義歯では当然うまく噛めません。咬合が悪いと義歯がすぐに割れたり、粘膜が傷ついて痛んだりします。また、鉤歯に負担を掛け、咬合時の違和感が強く、気分もすっきりしません。まれには吐き気、めまい、睡眠障害なども引き起こします。

 

咀嚼筋

咬合異常は咀嚼筋を緊張させます。緊張が長く続くと筋肉は拘縮(スパズム)をおこして痛みます。首や肩のこり、頭痛や姿勢の歪み、腕や手先のしびれなども筋肉が神経を圧迫しておこります。 

 

神経筋機構の不調和 
顎の位置ズレは、顎を動かす筋肉群と神経の連携関係を狂わせて自律神経系の不調和の原因となります。めまいや倦怠感、睡眠障害、生理不順、集中力の減退などの不定愁訴がみられるようになります。また「鬱」のような精神障害をもたらすこともあります。 

下のアゴ(下顎)は頭の骨(頭蓋)とは独立した骨からできており、左右の関節(顎関節)を介してブランコのように吊り下げられています。丁度、下顎は周囲から無数のゴムバンドのような筋肉や腱によって支えられています。 

 これらの筋肉は神経筋機構の支配下にあり、アゴを自由にあやつって複雑な咀嚼運動がおこなわれるようになっています。 


kinnniku.gifatama.gif

»◆◇「ブラキシズム」◇◆
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=464100